スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

逢坂そら(星織ユメミライ)が、かわいいというお知らせ。――カウントダウンムービー公開開始。

星織ユメミライ tone works HCG 逢坂そら

逢坂そら(星織ユメミライ)が、かわいいというお知らせ。――カウントダウンムービー公開開始。


なんだか最近、ニュース系記事さえも記事名がてきとうになりつつありますが、まあそれはそれとして。
来たる7月25日に発売を予定されている、tonework's最新作「星織ユメミライ」。
そのカウントダウンムービーが公開されました。
発売まで、あと12日!
前作「初恋1/1」と同じであるならば、これから毎日更新されるものと思われます。




逢坂そら at 屋上、です。

ちょっと緊張気味でかわいい!
なんでもかんでも星の話につなげちゃってかわいい!
星の話に入ると口数が多くなって我を忘れてるその姿がかわいい!
そして最後にはカメラを空に向けられちゃって見向きもされなくなるところまでもが言うまでもなくやっぱりかわいい!

正直、他のルートとかいらないから、そのぶん時間をすべて逢坂そらに分けてほしいです。

というか、そういうエロゲってないですかねー。
ヒロイン1択。みたいなやつ。
しかもちゃんとフルプライスの大容量で。
きっとすごく濃密なエロゲになるんじゃないかなーと思うんだけど。
ただそれだとそのヒロインが受け入れられなかったときに破滅するだろうから……無理だろなー……。

まあとにかく逢坂そらはかわいいです。
それだけです。
べらぼうです。

ではでは、今日はこのへんで。
おやすみなさいー。


過去記事
 ・星織ユメミライ 体験版 【感想・レビュー】 (07/02)
 ・星織ユメミライ(tone work's) 各ヒロインのキャラソンが出揃う! (06/27)
 ・星織ユメミライ(tone work's) 体験版公開がいよいよ今日に迫る! そして新しく発表された曲がいい感じです。 (05/23)
 ・ニュースごったまぜ。――アキバBlog に載って正直舞い上がってます。 (05/15) 
 ・星織ユメミライ(tone work's) OPを見て。――星がきれいでした。 (05/01)
 ・星織ユメミライ(tone work's)が楽しみだなーということについて (03/31)

『星織ユメミライ』応援中!
(tonework's公式HPより)
関連記事


WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

 エロゲ関係の他サイト 新着記事   ※黄色はリンク先にて同名タイトルをクリックで記事へ。

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf
WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf


 メーカー公式サイト 更新情報 ※黄色はHPで、赤色はブログ。RSS配信しているメーカーのみ。

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

[ 2014/07/13 22:13 ] ニュース | TB(0) | CM(4)

> というか、そういうエロゲってないですかねー。
> ヒロイン1択。みたいなやつ。
1ヒロインもの、稀にありますよー。有名どころだと「こいびとどうしですることぜんぶ」とか。
シナリオ重視なら他にもいくつかあるんですが、純愛系だとほとんど無いですね……。仰る通り、そのヒロインで外したら終わりというハイリスクすぎる形式ですしw

星織ユメミライはヒロインを大事にしてる感があってよいですね。ルート格差とか無さそう。(たぶん)
とっても気になるんですが今月は他に購入候補が多すぎて困ります( ´ω`)
[ 2014/07/14 23:02 ] [ 編集 ]

返信

ゆず茶さん


あああありがとうございます!!!
まさに、ですよ。まさに。自分がやりたかったエロゲはこれです!
「こいびとどうしですることぜんぶ」。
公式サイト見ました。最高です。深夜なのに今1人でめちゃくちゃテンション上がってしまいました。
ひとまずはさっそく体験版をやってみることにします!
いやもう本当に感謝感謝です。


星織ユメミライは作りが丁寧っぽいですよね。逢坂そらはもちろんかわいいですが、他のヒロインも十分に魅力的ですし。
[ 2014/07/15 00:31 ] [ 編集 ]

小生は今年購入したエロゲは57本と、ごく平均的な一般人ですが、
星織の特筆すべきことは、ビジュアルアーツの社員が直接制作
していることだろう
つまり、多くの人の人生観すら変えた、クラナドのスタッフが
絡んでいるのだ
アフターといふ名称はもちろんのこと、エンドロールで
key作品を書き続けた、魁氏がライターの筆頭にあるのは
その証左だろう
業界最大手のスタッフが現代に合わせたクラナドを作ってきたのだ
その蓄積された手腕は流石である
ちなみに『こんぶ』もビジュアルアーツの作品である

[ 2014/08/19 20:06 ] [ 編集 ]

返信

匿名エロゲーマーさん

クラナドっていうと自分なんかはまっさきに麻枝准さんの名前があがるのですが、確かに他にも大勢のスタッフの方々が携わっていらっしゃったわけで、ヴィジュアルアーツの社員が……という指摘にはなんだか視野が広がったような気がします。

ヴィジュアルアーツってかなり手広く提携してるんですね。
言われて調べてみればシリウスがあるのはおっしゃる通りで、他にも13㎝とかCRAFTWORKSとか面白いメンバーがそろっていたようです。ただこの3つがそうであるように、解散してしまったのも多くあるようで、そのあたりの難しさみたいなのをみてとれました。うおーって感じです。
[ 2014/08/19 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aiseyoeroge.blog.fc2.com/tb.php/155-971fd2fd


戯画 『この青空に約束を―』 おうえんバナー企画参加中♪






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。