スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花咲ワークスプリング! 情報解禁!!――サガプラネッツの新作です。

花咲ワークスプリング!

花咲ワークスプリング! 情報解禁!!――サガプラネッツの新作です。


はい。タイトル通りです。
サガプラネッツ最新作の情報が解禁されました。
『花咲ワークスプリング!』。
本日、その公式サイトがお披露目となったのです!!






CGなどはまだ公開されず、現在見ることができるのは「ストーリー」・「キャラクター」・トップ画面の「スペック」の3つ。


「ストーリー」

要約すると……
無気力系主人公がいきなり幽霊部の部長に祭り上げられ、そこで女の子たちとたわむれる。
……ということらしいです。
幽霊部、という単語以外はいたってふつうのエロゲという感じですね。

注目は最後の5行。

いつしか周りに集まった、一癖も二癖もある女の子達。
「いい機会だ。お前も怠けてないで青春してみろよ」
はたして主人公・花咲遊真が結ばれる相手は……?
くだらなくも、かけがえのない青春物語
ここに開演!



まっとうな萌ゲを見せてくれそうです。
キャラが抜群にかわいいですから、破壊力の高い萌ゲになりそうです。なってほしいですなあ。


「キャラクター」

すっごっごごごごく、かわいいです!!
さすがはサガプラネッツのコンビです。
個人的にはゆずソフトのコンビよりも好きだったりします。
というか全原画家さんの中でもかなり好きな部類に入ります。
だって、いや、このかわいさですからね。
なんなんでしょうねこれ。
抜群にかわいいです。
ヒロイン4人とも素晴らしいのですが、個人的には玖音彩乃さんが気になってます。
お姉さん属性です。
紹介文を見るに、大人系お姉さん&ミステリアス系お姉さん&甘え系お姉さんのハイブリットっぽいです。
花咲ワークスプリング! 玖音彩乃



「スタッフ」

原画
 ほんたにかなえ とらのすけ 茉宮祈芹
シナリオ
 Haneneko 砥石大樹 御厨みくり
音楽
 POP HOLIC

だいたいカルマルカサークルのときと同じです。
しかし無知で申し訳ないのですが、「Haneneko」さんという方はいったいどなたなのでしょうか?
調べてもなかなか情報が出てきません。
しかもそれなのに、シナリオ欄のトップバッターに名を連ねているという……。
素晴らしいライターさんであることを期待します!


発売日は未定。
いつもと同じであればおよそ半年後ほどになるかと思います。
作品タイトルの通り、スプリング=春の発売になれば季節感がいい感じになりますな。


……と、いまのところはこんなところでしょうか。
あとは続報待ちです。




それから同時に発表されたことがあります。
イベントです。
ライブです。



↓ツイート内のリンクか、下記のバナーをクリックで特設サイトへ。
SAGA PLANETS FIRST SONIC 11月24日開催!

概要。
タイトル
 SAGA PLANETS FIRST SONIC ~花咲ワークフェス2014~
日程
 2014年11月24日(月・祝)
会場
 横浜ベイホール 〒231-0801 神奈川県横浜市中区新山下3丁目4-17 TEL:045-624-3900
開場
 17:00
開演/終演
 18:00/20:30
料金
 6,300円(税別)

先行チケットの抽選があります。
受付期間は、2014年9月25日(木)18:00~2014年10月7日(火)18:00。
一般販売もあります。
期間は、2014年10月29日(水)18:00~終了まで。

内容はライブ。
出演は以下の方々。
片霧烈火さん、KOTOKOさん、鈴湯さん、茶太さん、月子さん、飛蘭さん、結衣奈さん、Larval Stage Planningさん。

詳しくは上記の公式サイトにて。



えー、はなしを「花咲ワークスプリング!」に戻しますと。
これはもう体験版必須ですね。
他の作品以上に必須です。
なぜなら「カルマルカサークル」の前例があるから。
あれは……ほんとうに最悪でした。
ただでさえ出来が微妙なうえに、個人的に「これだけはやってくれるなよ」ということをことごとくやられまして。
ちまたでよく「シナリオはよくなかったけど萌ゲとしてはふつうに楽しめた」なんてことを耳にしますが、自分はそれすらできませんでした。
たぶんすごく相性がよくなかったのだと思います。
そういうわけで今回、体験版なしでは購入まで踏み切れないわけです。

それにしてもキャラクターがかわいいというのはある種に罪です。
通常、ストーリー欄にシリアスなことがほのめかされていると、なんとなく名作を期待して心が躍ったりします。
もともとシリアス系なエロゲは少ないですからそのぶん期待が上がるのです。
しかし、サガプラネッツの場合、逆です。
あの原画コンビの時点で、よほどでない限りプレイします。
ですからそこで「頼むから妙なことはしないでくれ。台無しにしないでくれ。余計なことはしなくていいから、ふつうでいてくれ。」という気持ちが働いてしまうのです。
……なんとなく、守りに入っている自分に寂しくなります。

……それもこれも、カルマルカサークルのせいです。
あの悪夢を振り払う素晴らしい作品であることを、花咲ワークスプリングには期待したいです。
萌ゲにしてもシリアスゲにしても、文章さえちゃんとしていれば自分は楽しめるので、ほんと、お願いします。


最後のほう意味不明な自分語りになってしまいましたが、それではこのへんで。
そういえば、「花咲」って聞くとアニメ「花咲くいろは」を思い出します。
どうでもいですね。
ではでは。
おやすみなさいー。いい夜をー……。

「カルマルカ*サークル」応援中!
(サガプラネッツ公式HPより)
関連記事


WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

 エロゲ関係の他サイト 新着記事   ※黄色はリンク先にて同名タイトルをクリックで記事へ。

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf
WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf


 メーカー公式サイト 更新情報 ※黄色はHPで、赤色はブログ。RSS配信しているメーカーのみ。

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

[ 2014/09/20 01:41 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

無言のアナーキー

今回はどう出るのかなぁ
前作「カルマルカ」をプレイしたユーザーの多くの人がカルマ(大罪)を持っていたことが明らかになっちゃったし、これの前評判や評価に戦々恐々・・・・・

前回よりは上向いてくれよ。デザは好きな部類だから今後も情報は追跡していくけど
[ 2014/10/21 17:19 ] [ 編集 ]

返信

匿名エロゲーマーさん(もしくは無言のアナーキーさん?)

ユーザーのカルマ……ですか。
それが何を指しているのかとても気になります。


後半部分に関しては、いや、もう、まさにそんな感じです。
前回よりは上向いてくれよ。というこの一言に尽きるような気がします。

もちろん、そんな低レベルな話を乗り越えて、大傑作を作ってくれたならば、
それにまさる喜びはないわけですけどね!
[ 2014/10/21 19:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aiseyoeroge.blog.fc2.com/tb.php/215-4e11177a


戯画 『この青空に約束を―』 おうえんバナー企画参加中♪






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。