スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エロゲ名作OP紹介_ラブレプリカ

ラブレプリカ

エロゲ名作OP紹介_ラブレプリカ


久しぶりの感想を書いたところで、久しぶりの名作OP紹介もやってみようと思います。




作品名
 ラブレプリカ


曲名
 Binary star

作詞
 霧島ななこ
作編曲
 霧島ななこ Sizuk

 霧島ななこ


一番最後のところで、屋上をぐるりと見回すシーンが好きです。
画面いっぱいに映る夜空の、その広さを感じることができます。
そして、その広さの下で、屋上の意外な狭さにハッとさせられます。
この狭さたるや! と悲しくなります。
どれだけ広い夜空を目にしたところで、自分たちはそこに行けるわけではもちろんなく、この狭い範囲を歩くしかできないのです。
あまりに狭い足元の屋上ですが、しかし自分たちはそこをしか歩けないわけです。
背中に羽があるわけでもないですしね。
その寂しさを感じられるシーンであります。

最初に足元を映し、それから視点を回しながら、柵との距離を縮めていくことによって、屋上の狭さを表しています。
柵と自分とのあいだの空間に何も置かれていないことで、柵の存在が強調されています。
柵は屋上の狭さの表現に直結します。

このシーンの以前で、屋上の床が破けて、机やら椅子が噴出してくるところがあります。
それは閉塞的な教室からの解放を示していそうなところですが、その噴出のしかたは、あくまで屋上の範囲の中でのみで完結してしまっています。
どこか見えないほど高くに行くわけでもなく、左右に伸びていくわけでもない、小規模な反乱です。
前述の最後の屋上のシーンでは屋上の床はふさがっているわけですが、この噴出のシーンを過去に見させられたせいで、どこか凶暴性を秘めているように感じられますが、しかしそれは遠くの夜空に届くほどではないことも同時に知れています。
反乱の予感は、反乱が結実しない限り、無力感に至ります。

もっとさかのぼれば、もうひとつ、屋上のシーンがあることがわかります。
平凡な屋上です。
この後には教室と窓が映されています。
これらは先述の噴出シーンのための平穏な布石です。

教室を映した直後に、夜のベンチと街灯が映されています。
夜です。
しかし背景に星はなく、ただただ黒い壁紙でしかないです。
まるで現実感の伴っていない映像です。
何を意味しているのかわからない映像を見させられたとき、人はそのすべてを頭にいれようとします。
現実感のない夜の映像は、頭をそういう状態にする下準備として挿入されています。
そして画面が切り替わり、柵が映されます。
ここでは柵のみが映されいて、より一層強く印象付けられます。
最後の屋上のシーンに出てくる柵を強調するため、柵の存在そのものを頭にこびりつかせようとしているのです。

最初に屋上が示されてから、最後に屋上が示されるまで、途中途中にゲームCGなどが映されています。
同じ出来事が2回起きたとき、2回目のときに、人は1回目のことを思い出します。
屋上のシーンについても、最後の屋上のシーンでは、それまでに映された2つの屋上を思い出させられます。
そして、そのあいだに起きたことも同時に思い出させられます。
ゲームCGなどが、圧縮された記憶として、最後の屋上のシーンで一気にフラッシュバックされるのです。
そのぶんだけ最後の屋上のシーンは重たいものとして受け止められます。

さらには、最初と最後の屋上のシーンの、それぞれ前と後、つまりOP全体の最初と最後には、抽象的な映像が入れられています。
今までにいろいろと書いてきたすべては、この抽象的な映像に挟まれるようにして置かれています。
抽象的な映像は、血液・遺伝子をはじめとする、生命についてのことを連想させるものです。
夜空も教室も屋上も、この生命についての何かしらの印象、に、吸収されます。

ここで思い出されるは作品タイトル。
ラブレプリカ。
漠然とはしながらもひとつの確固としたイメージに到達します。
到達です。
学生生活を連想させる小道具を散々見せてきておいて、それらとは決して相容れなさそうな、理化学的な生命的な抽象に重ね合わせる。
「ラブ」で「レプリカ」の完成です。


……。
正直、自分の言いたいことは、最初の段落で終わっていますから、そこからは読み飛ばしてもらっても構わないような気がします。



ところで、ここのところ、エロゲ界隈が活発に動いています。

・AXL新作! さっそく記事右のバナー一覧に加えておきました。
もう少し情報が集まったら単独記事で所感とか書きたいところです。
今のところ言えることは……キャラの絵が少し変わった気がします。
妖怪がどうのこうの、という話らしいですから、和風っぽくするため、目を小さくしたりしているのかなーと思いました。

・花の野に咲くうたかたの、体験版公開!
とうとうきましたね。
もちろんダウンロード済みです。
今夜からプレイし始めるつもりです。
ちなみに、公式サイトでのダウンロードが重い場合、別のミラーサイトを探してそこでダウンロードしたほうが早かったりします。

・聖騎士Melty☆Lovers
やっぱりたすくさんは素晴らしい人です。
ヒロインがべらぼうに可愛いです。
まあ自分は銃騎士買ってないんで関係ないんですけど、でも外野ながら今作の評判は少しだけ気になったりします。
まさに野次馬根性。がっつり丸出しです。



そんな感じ。


そういえば、どうでもいいことですけど、今日ヘッドフォン買いました。
前のやつが断線して片方から聞こえなくなっちゃってたんで。


それでは、今日はこのあたりにて。
おやすみなさいー、いい夜をー……。

『ラブレプリカ』応援中!
(Garden公式HPより)
関連記事


WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

 エロゲ関係の他サイト 新着記事   ※黄色はリンク先にて同名タイトルをクリックで記事へ。

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf
WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf


 メーカー公式サイト 更新情報 ※黄色はHPで、赤色はブログ。RSS配信しているメーカーのみ。

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

[ 2015/02/22 22:14 ] 名作OP紹介etc | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aiseyoeroge.blog.fc2.com/tb.php/256-dbf77df4


戯画 『この青空に約束を―』 おうえんバナー企画参加中♪






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。