スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

南十字星恋歌(すたじお緑茶) 体験版 【感想・レビュー】

南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 2

すたじお緑茶最新作「南十字星恋歌」の体験版をプレイしたので、その感想を書きたいと思います。


かわいい!
かわいい!
めっちゃかわいい!
という感じの作品でした。
いや、エロゲなのでヒロインがかわいいのは当たり前なんですが、それにしても他と比べて段違いに強いかわいさを持っていまして。しかもそのかわいさというのが、妙な言い方になるのですがエロゲ的なかわいさではなく、キャラクター的なかわいさと言いましょうか、プレイヤーにもたれかかってくるような感じではなく、かわいさが自立していると言いますか……ようするに飛び抜けてめちゃくちゃかわいかったです。
まず絵がかわいい。公式サイトの時点でかわいいのはわかっていたのですが、それにしても実際にプレイしてみるとそのかわいさをより一層強く感じられました。
絵だけじゃなく、セリフの内容と言い方が抜群にかわいくてですね、そのことがキャラクターの輪郭をくっきりとしたものにしていました。そもそも声質自体がそれぞれのキャラに合っていて、その整合性がそのキャラクターを際立たせ、画面の中で本当に生きているかのようにこちらに感じさせてきました。
生き生きとしているんですよねー。登場人物を生き生きとしたものにさせる方法としましては一般的には周囲の人間とのつながりで表現されるものだと思います。そうして人間を中心とした世界観を確立し、そこに生きるキャラクターを立体的にするわけです。しかしこの南十字星恋歌においてはそうではなく、キャラクターそのものが単体で生き生きとしているのです。これは稀有です。生き生きとしたキャラクターというだけでも珍しいのに、そのうえキャラクターが単体の力がこれだけ強いものなんて、今までほとんど見たことがありません。

ヒロインは以下の5人。
情報だけ見ると紋切型っぽいのに実際の作品内にあってはまったくそれを感じさせませんでした。
類型から脱したうえで、つまり意外性を所持したうえで、しかしかわいい。
衝撃的ですね。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 布志名香乃梨
南十字星恋歌 すたじお緑茶 エリーゼ・ローゼンタール
南十字星恋歌 すたじお緑茶 楢岡魅月
南十字星恋歌 すたじお緑茶 波佐見都
南十字星恋歌 すたじお緑茶 堤咲弥


えー、では体験版そのものの内容について。
この体験版が少々特殊な構成をしています。
ふつうであれば作品の冒頭を見せるか、たまにダイジェストを見せるところもありますが、しかしこの南十字星恋歌においてはそのどちらでもなく、登場人物による案内ムービーという形式をとっています。
下の画像でエリーゼが「今回は、この私が案内役として抜擢されたので、以後よろしく頼む!」とニッコリ笑っているように、場所・登場人物・各ヒロインとの出会いのシーン・今後のストーリー展開についてをキャラクター達(エリーゼと男2人を中心として)が説明していく、という感じです。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 3

案内ムービーですから、順番に舞台を回っていって、その各地に様々な登場人物が現れ、それらを順々に説明していくのです。
案内・説明ということで、画面の中の彼らはプレイヤーに意識を向けながら会話をします。始めはこの形式はどうなんだ? と思わなくもなかったですが、プレイしていくうちに違和感はなくなっていました。
むしろ作品の紹介としてよくまとまっていて、こういうのもアリだなーと思わされてしまいました。製品版とは別個のものとして楽しめるというのもプレイする側としては嬉しいところです。製品版部分からの引用が少ないですから、つまり製品版をプレイする時も既知の部分は少なく、退屈な思いをしないですみそうです。

あと、プレイをしていて感じたのは、キャラが動く動く、まさに縦横無尽に駆け巡っていたということです。
遠近を使い分けるのはもちろんのこと、左右の微妙な距離も使い分け、さらには画面の中をキャラクターたちが動き回るのです。
この動き回るというのは静止画では伝わらないと思いますが、ようはピョコピョコと歩いてみたり、そのまま手前に歩いてきてカメラからフレームアウトしたり、すごいことになっています。
さらにはセリフも吹き出しのように声を出しているキャラの下に表示され、テンプレートに適合させただけの作品にはしたくない、という作り手の思いがひしひしと伝わってくるようでした。

姉妹にわしゃわしゃとされるエリーゼ。
そこに現れるメイドさん。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 9

言い争いを始めた香乃梨と都から距離を取る3人。
止めなくちゃとは言っていますが結局止めずにその場から逃げることに。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 7

魅月はやたらとエリーゼに抱き付きたがります。
エリーゼはそれから逃れるために光君を盾にします。
そういえばこの光君の声が少年向けアニメの登場人物みたいな声をしていまして、自分はなんとなく気に入ってしまいました。もちろんホモ的な意味ではありません。郷愁的な意味です。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 4

取り立ててキャラが動くことのなかった教室紹介。
大きな窓から望める景色がいいなーと思ったので載せてみました。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 8

上からいきなり登場、咲弥ちゃん。
地下のトンネルの上部の通気口から現れました。
情報を集めるのが趣味で、それをもとに探検をするのも好きなのだそうで。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 5

風紀委員のゆいから逃げようとする咲弥ちゃん。
結局逃げました。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 6

遠くで待ち構えているエリーゼ。
このときの画面の動きは特にすごかったです。
ちなみにエリーゼは騎士なのだそうです。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 10

このエリーゼがまたかわいくて。
この体験版で最も多くしゃべり、たくさん接したのがエリーゼだったのでそのせいもあるかもしれません。
まあそれをおいといてもかわいかったです。
首をカクンと動かすことが多々ありまして、その様子がすごくかわいいのです。
下の2枚の画像はまさにそのシーンで、わかりにくいかもしれないのですが、これ、首がカクンと動いているのです。
やー、もう、かわいい!
南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 11
南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 12

それからCGは各ヒロインごとに1枚ずつありました。
CGの中には下記のようにワイド画面でないものが多々ありました。
縦幅が画面に入りきらないですから、これを下から順に舐めるように映していくのです。
表示されるCGに対するワクワク感が増幅される演出です。

転がっていった硬貨を拾い、顔を上げたところにいたのは、とびきりの美少女。
下から上へとスライドしていった画面は、まさに主人公の動きとシンクロしていました。
同時にこちらの気持ちも主人公の状況と同化、振り向いた香乃莉にトキメキを覚えてしまいました。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 CG 1

エリーゼから逃げているさなか、いきなり引っ張り込まれた空間にいたのは、これまたかわいい女の子。
ここは彼女の秘密基地だそうです。
そしてとても狭い。
秘密基地である狭い密室に女の子と2人きりという、それだけで胸が躍ってしまいます。
硬質で無機質な金属と、柔らかそうな女の子、という組み合わせもまたいいものです。
南十字星恋歌 すたじお緑茶 CG 2


……ということで、以上、南十字星恋歌体験版の感想でしたー。
この感想で自分が言いたいことはとにかくヒロインたちがかわいかった! ということです。
一方、こういう案内ムービーという形式をとっているぶん、話の内容としましてはまるっきりわからないままでした。ただ彼女たちヒロインの魅力があれば大抵のストーリーは許されてしまいそうです。それだけの包容力が彼女たちにはあります。
もしもこの上ストーリーがまでもが素晴らしいものとなっていたとしたら、それはこの作品がとんでもない傑作であるということになるのだと思われます。
なんにせよ、今のところ言えることは南十字星恋歌への非常に大きな期待のみです。

いやーそれにしてもここまで面白いとは……。
散々褒めちぎってきましたが、実は自分、最初この体験版はやる予定がなかったんですよ。恋色空模様という過去作の評判がいいことは知っていましたけれど、ただなんとなく、食指が動かなかったんです。
それなのにプレイしてみれば、これですよ。
これはもっと早くにプレイしておくべきでしたね。

それにしても5月エロゲは大変なことになってきました。
ただでさえヤバいなーと思っていたところに、さらにこの南十字星恋歌まで期待作であるとなってきますと……。
もうパンク寸前です。

ではでは今日はこのへんで。失礼いたします。

南十字星恋歌 すたじお緑茶 感想 1
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!

(すたじお緑茶公式HPより)
関連記事


WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

 エロゲ関係の他サイト 新着記事   ※黄色はリンク先にて同名タイトルをクリックで記事へ。

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf
WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf


 メーカー公式サイト 更新情報 ※黄色はHPで、赤色はブログ。RSS配信しているメーカーのみ。

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

[ 2014/05/02 22:49 ] 感想・レビュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aiseyoeroge.blog.fc2.com/tb.php/77-3e499d48


戯画 『この青空に約束を―』 おうえんバナー企画参加中♪






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。